ガーデンライト自体を作り設置

ガーデンライト

庭の照明をどうすべきかをずっと悩んでいました。屋外用の照明って照明自体が結構高くてしっかりしたもの買おうとすると1万くらいは軽く行ってしまいます。100円ショップにソーラーパネル充電がついたスポットライトも売っていますが、全然明るくならないわけです。

そんなあるとき、こんな商品を知ったのです。

これは車の装飾に使うものなのですが、とにかく明るい。しかもLEDライトなので消費電力低い。しかも8本で999円!安すぎます。これをなんとかガーデンライトとして使えないかなと知恵を振り絞りました。思いついてしまいました。

このようにLEDライトを丸い棒に貼り付けます。二面でもいいですが今回は三面貼り付けました。これを土に挿して、その上にいい感じの半透明のカバーを被せれば雨風しのげて、ガーデンライトとして成立します。

こんなイメージ

カバーは伊賀で愛されている女子サッカーチーム「伊賀FCくノ」を応援しに行ったときにもらった、ガンガン鳴らす応援棒?の一部を加工して被せました。

ガーデンライト

どうでしょうか?明るさも雰囲気も大満足なガーデンライトになりました。

ちなみに上記のLEDライトは車用のため12V電源です。アタアタリゾートには支援者様より頂いた太陽光パネルがあり、そこからカーバッテリーに充電して、そこから給電するシステムを組みました。

もちろん家庭用電源の100V用のライトを使えばコンセントから給電できるようにお作りできます。

参考価格税別¥20,000~
サイズ
備考ガーデンライト制作と埋め込み設置まで